任意売却は競売よりもずっといい!

ローンを支払えないとき、担保に設定していた不動産が競売にかけられることがあります。そこで売れたお金を返済に充てるというわけですが、競売で完済できることはほとんどないという側面もあります。それは競売では相場よりもずっと低い額で売られることになるからです。しかも競売はその他にもいろいろな問題があり、債務者の精神を苦しめることになります。そういった問題を回避するには任意売却を検討するのが一番の方法です。

しかし、任意売却という言葉を初めて聞く方も多くいらっしゃることでしょうし、自分一人で行うのは難しい問題もあります。そこで「任意売却サポート」を利用することをおすすめしたいと思います。ここは名前の通り、任意売却で住宅ローンの返済に関するトラブルを解決してくれるサービスを提供している会社です。実は「大成建設」のグループ企業なので、不動産関係の知識は十分にあります。

任意売却は競売と異なり、相場並の額で担保を売ることができます。これにより競売よりも高いお金が入るので、借金をしっかりと減らすことができます。しかも、高額で売れるだけでなく、残りの借金の返済について話し合うこともできますし、プライバシーの確保に繋げたりもできるので便利です。

賃貸と分譲のどちらにするべきか迷っているとき

賃貸と分譲のどちらを選ぶべきか悩んでいるという人を良く見かけます。どちらもメリットとデメリットがあり、考え方次第ではどちらにも魅力があります。

賃貸で支払う家賃と分譲で支払うローンは考え方自体は同じようにとらえることができます。住み続けるために毎月の家賃を支払う賃貸に対して、住み続けるために毎月のローンを支払う分譲というとらえ方ができます。ただ賃貸は自分の所有財産にならないのに対して分譲はローンの支払いが済めばもう月々の負担はほとんどなくなりますし、購入した時点で自分の財産になります。

長い年月で見てみると分譲のほうが魅力的に感じますが、ローンの支払いが終わるのは大体何十年後といった時間がかかります。その間金利の支払いを続けないといけないため無駄な出費も多く、金利による利息を払わなくてもいい賃貸のほうがお得に感じてしまいます。

賃貸と分譲にはそれぞれの魅力があり、買い手の価値観次第でどんな考え方もできます。長期的にローンを支払う覚悟があるなら分譲のほうが魅力的ですし、一つの場所に腰を据えるつもりがないなら賃貸が魅力です。賃貸と分譲ではメリットと魅力が別々にありますので、迷っているときにはその土地に腰を据える気持ちがあるかどうかを考えてみるといいでしょう。

Contributors